高性能な製品の裏側に存在する、製品づくりに欠かせない引張試験

引張試験の必要性

金属の引張試験について

金属の引張試験が必要になるのは、その金属の弾性や耐久性について知りたい場合です。例えば、機械や構造物に使用する金属類を何ら検査をしないまま利用しても利用途中にひびが入ったり壊れることがあります。ただひびが入ったり壊れるだけであればよいですが、もし、大黄な事故につながってしまうと被害が出てしまいます。そこで引張試験が必要になってきます。引張試験は、通常、引張編という破片を用います。この破片は機械や構造物に使われる金属と同じものです。その試験片に引張荷重を加えます。それによってその金属の揚力やひずみを測定して弾性率や弾性限度を求めるのです。この試験は、引張試験機や多目的万能試験機を使うことが多いのです。

それに類似の試験とは

弾性率や弾性限界などのデータを取るためには引張試験機を利用することが多いのですが、それと同じ役割を果たすものに超音波検査があります。引張試験と超音波検査の違いはいくつかあります。まず抜取率ですが、引張試験の場合には1ロットで5本程度が限界です。それに対して超音波検査は1ロットで30本程度の検査が可能になります。それによってそこにかかる時間も変わってきます。引張試験は結果を得るのに時間がかかりますが、超音波検査はその場で判明するのです。また、ロットの品質についても引張試験は抜き取り数が少ないため精度がいいとは言えませんが、超音波検査は全数検査をすることが可能になるため、要求に王子手抜き取り率も変えることができるのです。